読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くろねこ日記

ソフトウェアに関する技術メモが多いです.

kivyをpipからインストールしてみた[2014/9再編集]

2014年9月現在一部インストール方法ではうまく導入できなかったので少し修正しました.

はじめに

Pythonにはkivyというクロスプラットフォームで動作するPython用のGUI開発ライブラリがあります。 それを使用することで、MacOSX,Linux,Windowsの3つのプラットフォームで動くほか、iOSAndroid上でも動作するアプリも開発ができます。

今日はこのインストールで少し躓いたのでpyenvという様々なバージョンを導入できるツールからkivyまでの導入をメモとして残しておきます。

環境はUbuntu13.04 32bit、シェルはzshです。 pyenvでは「2.7.6」をインストールするものとします。

pyenv

pyenvのインストールと2.7.6をインストールする例を交えながら使い方を説明します。

pyenvのインストール

まずは、apt-get(またはaptitude)でpyenvのための必要パッケージを導入していきます。

sudo apt-get install -y make build-essential libssl-dev zlib1g-dev libbz2-dev libreadline-dev libsqlite3-dev

そのあとは、https://github.com/yyuu/pyenv#installationに従ってインストールするだけです。

cd
git clone git://github.com/yyuu/pyenv.git .pyenv
echo 'export PYENV_ROOT="$HOME/.pyenv"' >> ~/.zprofile
echo 'export PATH="$PYENV_ROOT/bin:$PATH"' >> ~/.zprofile
echo 'eval "$(pyenv init -)"' >> ~/.zprofile
exec $SHELL

ですね。

pyenvの使い方

こちらもさきほどのページの通りです(https://github.com/yyuu/pyenv#command-reference)

メモしておきますと

インストール可能なバージョン一覧

pyenv install -l

任意のバージョンのPythonをインストール(ここでは2.7.6)

pyenv install 2.7.6

任意のバージョンに切り替える(グローバルな設定)

pyenv global 2.7.6
pyenv rehash

これでpython2.7.6を使用できるようになりました。

kivy

pyenvでインストールしたPythonにはpipが内蔵されています。 今回はこのpipを使ってkivyのインストールを行ないます。 こちらに書いてあるインストール手順を踏んで行ないました。 http://kivy.org/docs/guide2/basic.html

インストール手順ページにある通り、kivyはcythonが必要なのでインストールし、その後はなぜかpygameをインストールしてから、kivyをインストールするという順のようですね(ここのページに辿りつくのに苦労しました・・・)。 この記事でもこの流れに沿って書いていきます。

cythonのインストール

cythonは次のコマンドで一発だと思います。

pip install cython

pygameのインストール

ここのURLを参照して必要パッケージを導入しました。 http://stackoverflow.com/questions/7652385/where-can-i-find-and-install-the-dependencies-for-pygame

sudo apt-get install python-dev libsdl-image1.2-dev libsdl-mixer1.2-dev libsdl-ttf2.0-dev libsdl1.2-dev libsmpeg-dev python-numpy subversion libportmidi-dev ffmpeg libswscale-dev libavformat-dev libavcodec-dev

これにさらにfreetypeのconfigがうまくいってない旨のエラーがでましたので、

sudo apt-get install freetype6-dev

で追加しておきました。

あとはpygamemercurialリポジトリを経由してpipでインストールします。

pip install hg+http://bitbucket.org/pygame/pygame

kivyのインストール

いよいよkivy本体のインストールですね

pip install git+https://github.com/kivy/kivy.git

でインストールが成功すれば終わりです。

pip install kivy では2014年9月現在ではコケてしまいましたので, githubのmasterブランチから直接インストールしてあげるという方法を取りました.

まとめ

pyenvからkivyまでをインストールしました。

pyenvで2.7.6をインストールしたあとはpipを使ってcython,pygameという順にインストールしていき、最後にkivyをインストールしました。

pyenvやpygameをインストールするときには必要パッケージをaptから取り込んでおく必要があります。また、zshbashを使う環境によって設定を記述するファイルを分ける必要があります。今回はzshで導入を行ないました。